せどりの利益が専業なら38万円、副業で20万円超える人は確定申告の可能性が出てきます。
経費もきっちり計算して無駄なく申告したいですよね?

3月に入り、今年の確定申告提出期限の3月16日(月)まで2週間となりました!

 

私も毎日帳簿していた金額のトータルを済ませ
商工会で確定申告用書類にきちんと記入したので、あとは提出するのみになりましたp(*^-^*)q

 

前回の確定申告と違うところは
昨年は車を購入したので経費に含めることが出来ました♪

 

せどりで経費として認めらているものには
どんなものがあるのかな~と思う人もいるかもしれないので

今一度おさらいしてみましょう(●^o^●)

 

また証明に必要な領収書などは必ず保存しておきましょうね♪

【せどり経費】

★仕入れ費用★

販売する商品の原価。

購入時のレシートやクレジットの明細
ヤフオク仕入れの場合は、ヤフオク内の落札メールは120日で消えるので、登録アドレスに送られてくるメールを保存(印刷)しておきましょう。

★荷造運賃★

商品の発送ときにかかる送料

★消耗品費★

10万円未満の消耗品費。
(※10万円を超えるものは減価償却費になります)

例えば・・・

●ノートや消しゴム、プリンター用紙、プリンターインクなどせどりをする上で必要な消耗品。

●ガムテーム、セロテープ、プチプチなど梱包するための費用

●パソコン・プリンターで10万円未満の消耗品費

 

 

★減価償却費★

何年も使用するもので10万円を超えるもの(何年かかけて経費として計上します)

使い切るまでの想定期間がそれぞれ決められています♪

例えば・・・・

●パソコン、デジカメなどで10万円を超えるもの

●仕事で使用する車の購入

●持ち家が仕事場の場合

私も分からなかったので、税務署に電話で聞くと購入金額から減価償却費を教えてくれましたので
減価償却費で経費にしたい場合、聞いてみてくださいね!

 

★地代家賃★

仕事場の家賃(自宅が一緒の場合按分必要)

 

※按分とは事業分とそれ以外を使用度の割合で分けることです。

 

★租税公課★

仕事で必要なものとして支払った税金。

例えば

●収入印紙代

●仕事で使う車の自動車税(仕事以外に使用する場合、按分必要)

●持ち家の場合固定資産税(按分必要)

●所得290万以上の人は個人事業税

 

★支払保険料★

仕事で必要なものの保険料。

●仕事で使う車の自動車保険料(仕事以外に使用する場合、按分必要)

●仕事場の火災保険料(按分必要)

 

★接待交際費★

せどりに必要な範囲で接待や交際の費用。

例えば・・・

●関係者へのお祝い・お見舞

●関係者へのお中元・お歳暮

●情報交換などの食事会、懇親会など

 

★旅費交通費★

移動する為にかかった交通費

●ガソリン代

●高速代

●電車・バス代

 

★通信費★

通信にかかる費用

●家の固定電話代(按分必要)

●インターネット代(按分必要)

●携帯代(按分必要)

●サーバーレンタル料

 

★研修費★

仕事の勉強のためにかかる費用

●教材購入費

●セミナー参加費

●本・新聞

 

★水道光熱費★

公共料金。

●電気代(按分必要)

 

★雑費★

どの科目にも入らないもの。

 

 

税金が安くなるので、経費として認められるものは
しっかり経費として計上し節税しましょうね~